メスティンで作るキノコご飯

キャンプ
スポンサーリンク


秋も近いですね
秋と言えば食欲の秋
秋と言えばキノコ
という訳で今回はキノコの炊き込みご飯です

まずはメスティンにお米120cc入れます
これは一合より少なくてちょうどお茶碗一杯分くらい


計ってるのはスノーピークのミニシェラカップ満水60cc
価格がプレミア付いているけど雪峰祭で買うとそんなにはしない


ここに水120cc+αを入れます
αは適当に10ccとか20ccくらい
結構適当で大丈夫


トランギアのメスティンも値段が一時期みたいな高値じゃなくて少し落ち着いてきた
やっと流通するようになったのかな

メスティンに米と水を入れたら
米を30分くらい吸水させ、めんつゆを入れます
めんつゆの量は適当というか商品によって濃さが違うので最初は薄めに作ってくださいね


そして主役のキノコ
今回はマッシュルーム、しいたけ、舞茸をチョイスしてみた


舞茸は手で割いて並べていく


その上にシイタケ
石づきを取ってから切って並べていきます


マッシュルームはスライス


ここで火器は何にするか悩んだんだけど
結局エスビットのポケットストーブと100均の固形燃料


吹きこぼれないように重石を載せて


点火
これで20分くらい燃える
米を炊くのにちょうどいい時間
今回は25gの固形燃料
30gの固形燃料は一合(180cc)ならいいけど120ccには多い


火が消えたら20分くらい蒸します
よく逆さにすると良いというけどしません
逆さにすると蓋の水滴が無くなるだけであまり味は変わんないと思う
逆に蓋が汚れるのでそのままの方がいいと思う


蒸らしたらさて完成
オープンザセサミー
この蓋を開けるときがドキドキするよね

なんかキノコもっとあっても良かったな
まぁいいや
次回の課題


ちゃんとお焦げも出来て美味しそう

実食してみると少し味が薄いので塩かけて食べました
でも美味い
キノコの旨味が出ていて大変美味しゅうございました

コメント